スペシャル

「バジリスク ~桜花忍法帖~」用語集

高野山慈尊院村

紀伊国(現在の和歌山県)にある山村。八郎、響をはじめとする甲賀、伊賀の若き忍たち、そして教育係の転寝、滑婆が住まい、日々己の忍法に磨きを掛けている。

天膳桜

慈尊院村にそびえ立つ一本の桜の木。『枯れることがない』という伝承があり、かつて同じく『死ぬことがない』と謳われた薬師寺天膳の名を冠している。

黒鍬衆

将軍家に召し使える、伊賀の流れを汲む忍たち。忍としての地位は決して高くはないようだが、手練の武士たちを一瞬で葬り去るほどの実力を持つ。理由は不明だが、将軍家光の実弟である忠長への奇襲を企てる。

忍法『浮き雲』

黒鍬衆が得意とする忍法。自身の体を雲のように浮かすことが可能。しかも、体を糸などで吊るす原理でもないようで、三次元的な攻撃で相手を翻弄する。

甲賀五宝連

八郎を棟梁とする、甲賀の精鋭たち。幼いながらも圧倒的な術を持つ八郎に一目置き、付き従う。それぞれが己の特性を生かした忍法を持ち、日々精進している。

人別帖

かつて起こった、三代将軍跡継ぎ問題から派生した“忍法殺戮合戦”、その開戦の際に甲賀、伊賀の棟梁にそれぞれ渡された巻物。合戦の参加者たる甲賀、伊賀の十傑の名が書かれている。

盾眼術

響が親から譲り受けた特殊な術。母の朧が持っていた、相手の忍法を強制解除する“破幻の瞳”とは特性が違い、瞳に映る相手の“敵意”を無くし、戦闘不能状態へと陥らせる。

矛眼術

八郎が親から譲り受けた特殊な術。瞳に映る相手の“敵意”をそのまま返し、相手は攻撃対象が自分自身だと思い込み、その刃を己へと向けてしまう。

伊賀五花撰

響を棟梁とする、伊賀の精鋭たち。響の術に信頼を置き、さらには響を娘や姫のようにかわいがり、甘やかす一面もある忍らしからぬ者たち。しかしその実力は本物で、とくに守備任務において右に出る者はいない。

桜花

“矛眼術”を持つ八郎と、“盾眼術”を持つ響が見つめ合い、感情が高ぶったときに発生する謎の現象。二人は共に、その発生要因や仕組み、そもそも“何が”起こっているのかを特定しきれておらず、特に八郎は発生に恐れを抱いている。分かっているのはそれが“大災害”を生む可能性があることだけ――。

おとし茶屋

高野山麓の目抜き通りにある茶屋。慈尊院村の襲撃を受けた後、滑婆をはじめとする伊賀の女忍者たちが資金調達のために始めたのだが、滑婆たちの器量よさも相まって、繁盛具合は上々のよう。

戻る